• ご利用方法
  • サポート情報
  • 通話明細のご確認

ご利用方法

MSフォン 申込・設定マニュアル

ご利用方法は、IP電話アダプタの機種により異なります。

お客様環境に該当のMSフォン申込・設定マニュアルを下記よりダウンロードしてください。

IP電話アダプタの機種
Web Caster V100 Web Caster V110 Web Caster V120
ダウンロード ダウンロード ダウンロード

※ PDF形式のファイルの閲覧には、Adobe社のAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、ソフトウエアをダウンロードしてご覧ください。

Get ADOBE READER

MSフォンで電話をかけるには

以下の表に従ってダイヤル操作を行ってください。

  • 【ご注意】
  • ・ ACR/LCR機能付の電話機又はACR/LCRのアダプタをご利用の場合、ACR/LCRの機能は無効にしてください。ACR/LCRの機能を有効にした状態で発信した場合、一般加入電話からの発信となる場合があります。この場合、一般加入電話事業者の定める利用料金がかかり、料金は一般加入電話事業者から請求されます。
  • ・ 一般加入電話とMSフォンを併用し、「0033」などの事業者識別番号をダイヤルされた場合、利用する電話事業者を指定した発信となります。この場合、指定した事業者の定める利用料金がかかり、料金は指定した事業者から請求されます。
発信先 ダイヤルする番号 注意事項
IP電話 「相手先IP電話番号」をダイヤルします。
例:050-XXXX-XXXX

・ MSフォンから発信・着信が可能なプロバイダには、有料提携プロバイダと無料提携プロバイダがあります。有料提携プロバイダのIP電話への発信時には通話料がかかります。

・ 提携プロバイダ以外のIP電話へダイヤルされた場合、一般加入電話からの発信となり、ご利用される一般加入電話の事業者が定める利用料金がかかります。この場合、一般加入電話を併用されていない場合は発信できません。(受話器から通話中の音(トーン)が鳴ります)

国内の一般加入電話 「市外局番 + 相手先電話番号」をダイヤルします。
例:03-XXXX-XXXX
06-XXXX-XXXX

・ 110や119などの緊急電話や、0120や0990などで始まる番号へはMSフォンから発信することはできません。

・ MSフォンから発信できない番号がダイヤルされた場合、自動的に一般加入電話からの発信となり、有料となる通話につきましては、一般加入電話の事業者が定める利用料金がかかります。この場合、一般加入電話を併用いただいていないお客様については発信できませんので注意ください。(受話器から通話中の音(トーン)が鳴ります)

・ MSフォンから発信できない番号は、こちらでご確認ください。

通話できない番号

携帯電話・
PHS
「相手先携帯電話・PHS番号」をダイヤルします。
例:090-XXXX-XXXX
070-XXXX-XXXX

・ MSフォンから発信できる携帯電話・PHSについては以下の通りです。
◆携帯電話:「NTTDoCoMoグループ」、「KDDI (auグループ)」、「ソフトバンクモバイル」、「KDDI (旧 ツーカーグループ)」、「イー・モバイル株式会社」
◆PHS:「NTTDoCoMoグループ」、「ウィルコム (旧 DDI POCKET)」

・ MSフォンから発信できない事業者へダイヤルされた場合、一般加入電話からの発信となり、ご利用される一般加入電話の事業者が定める利用料金がかかります。この場合、一般加入電話を併用されていない場合は発信できません。 
(受話器から通話中の音(トーン)が鳴ります)

国外の一般加入電話 「010 + 相手国番号 + 相手国内番号」をダイヤルします。

・ MSフォンから発信できる国、国ごとの通話料は、こちらでご確認ください。

・ 「0033」などの事業者識別番号をダイヤルされた場合、利用する電話事業者を指定することとなり、指定された電話事業者回線を利用した発信となります。この場合、指定された事業者の定める利用料金がかかります。

国外への発信時の通話料

MSフォンで着信するには

一般加入電話の操作と変わりません。着信の際には、受話器をあげて通話を行ってください。

強制的に一般加入電話から発信するには

FAXの送信など、一般加入電話からの発信が必要な場合は、相手先電話番号の先頭に「 0000(ゼロ4つ)」 を付与することで強制的に一般加入電話からの発信ができます。

※一般加入電話を併用してご利用のお客様のみ可能となります。

例: 0000(ゼロ4つ)+「相手先電話番号」

なお、一般加入電話から発信した場合は、ご利用の一般加入電話事業者の定める利用料金がかかります。(ご利用の一般加入電話事業者からの請求となります。)

電話事業者を指定して発信するには

一般加入電話を併用してご利用のお客様において、ダイヤルする電話番号の先頭に「0033(NTTコミュニケーションズ)」 や「0039(NTT西日本)」などの事業者識別番号を付与すると、利用する電話事業者を指定することができます。この場合、指定された電話事業者を利用した発信となり、指定された事業者の定める利用料金がかかります。また、利用料金は、指定された電話事業者から請求されます。